活動記録

プログラム当日の様子や概要などをハートフルコーチがお伝えします

実践教室「子どものしつけのコーチング」第1回(神戸)


5月19日㈯、神戸にて実践教室「子どものしつけのコーチング」〜学べばわかる子育ての基本〜乳幼児編がありました。


私は長く幼児教育に携わり、現在は0歳から2歳までの子どもを預かる企業主導型保育園の園長をしています。この時期の子どもは、ありのまま受け入れられ、認められ、許される存在であり、親や身近な大人との深い愛着関係を築き、生きていくための心の土台を育む大切な時期だと考えています。ですが、初めは見ているだけでかわいい赤ちゃんだった我が子も、段々自我が芽生え、親の思うようにならなくなることが増えてくると、親はどう子どもと向き合っていいのか分からなくなることがあるようです。愛するわが子なのに、顔を見るといつも怒ってばかりなんです…と。そんな相談をこれまで何度となく受けてきました。今回は、コーチングのベースにNLP(Neuro Linguistic
Programming=神経言語プログラムミング)を使い、子どもの本来もっている潜在的な力を引き出すいう内容で、特に乳幼児編ということだったので、そんな悩める親たちに何か具体的な子育てのヒントになるものが聞けるのではないかと思い参加しました。

堅苦しい内容ではなく、ユーモアを交えながらの具体的な話で、それぞれ聞きながら、わかるわかると頷いたり、時には大きな笑い声に包まれたりと、リラックスした雰囲気の中、あっという間に過ぎた楽しい3時間でした。


このプログラムをうけて、何より大切だと思ったことは、親としてどうありたいかということ。講師菅原は、私たちは、どんな「べき」に縛られているのか。そのことに気付き、自分の感情に向き合い、整えることが出来れば、子どもとの関係も良くなっていくということを話していました。これこそ、多くの保護者に伝えていきたいことだと思いました。そして、親としてどうありたいのか…これは、私自身への問いかけでもありました。
これまでの子育てを振り返ると、私もたくさんの「べき」に囚われていたなと思います。例えば、娘が思春期を迎えた頃のことです。生活の乱れを正そうと懇々と、「あなたのこういうところが、どれだけ周りに心配をかけたり迷惑をかけたりしているのか」という事をことある事に話をしていました。するとある日、いつも黙って聞いていた娘が、「お母さんの言うことはいつも正しいけれど、でも、私はそれを全部はできないのよ!」と、泣きながら訴えました。私は自分の「こうあるべき」に囚われて、娘なりに頑張っていることはあったのにそれは全く見えず、相手を正そうと責めてばかりいた事に、その時やっと気がつきました。


今はハートフルコミュニケーションを学び、少しずつ「べき」を手放すことが出来るようになりましたし、時には感情に振り回さる事がありますが、その事に気づき、何に反応しているのか、それは誰の問題なのかと考えられるようになりました。

子育ての情報が周りに溢れていて、どれを信じて良いのか分からず、迷っている親は沢山います。誰もが子育ての指針となるものが欲しいと思っています。私もかつてはそうでした。その指針となるのが「ハートフルコミュニケーション」であると思います。ですから、これからも少しでも多くの人が自分なりの子育ての軸が作れるよう、子どもや保護者のために、そして私自身のためにも「ハートフルコミュニケーション」を学び続けていきたいと思っています。


ハートフルコーチ 槇村有理会
2018年05月30日(水) No.227 (セミナー::in 関西)

実践教室/子どものしつけのコーチング(3) 思春期


セミナーin東京/子どもを幸せに導くしつけのコーチング(2)


セミナーin東京/子どもを幸せに導くしつけのコーチング(1)


セミナーin大阪/子どもを幸せに導くしつけのコーチング(4)


4月23日(日)に大阪でハートフルセミナー(シリーズ全4回)の最終回が開催されました。
今回のテーマは、「思春期の見守り方」です。
お子さんが思春期の真っただ中にいて、待ったなしの悩みを抱えた参加者の方も多く、この回のためにシリーズの最初から参加しました、という声も何度か聞きました。

今回も最初の自己紹介の時に「何のためにこのセミナーに来たのか」を話す場面がありました。
皆さん自分の今の気持ちを素直に話されていました。笑いがあったり、涙で言葉に少し詰まったり、また聞いている方も大きくうなずいたり、心の中で応援しているふうであったりと、4回目のセミナーだけあって温かい雰囲気がスタートから会場に漂っていました。

セミナーでは、思春期は子どもにとってどんな時期であるのか、親はどのようにかかわっていけばよいのか、などたくさん学びました。
そのなかで私が一番心に残っているのは、「子どもが問題を抱えている時、問題を所有するのは子どもであって親ではない。親は悩むのをやめて子どもに返しましょう」という言葉です。
講師の菅原が悩みを手にすくって子どもに返す仕草をしました。
心がすっと軽くなりました。

私の3番目の子供は今中学1年生になり、思春期真っただ中です。
息子は小学校の高学年の頃から、学校に行くことや宿題をすることにやる気をなくしてしまいました。
2017年05月08日(月) No.132 (セミナー::in 関西)

セミナーin東京/子どもを幸せに導くしつけのコーチング(3)


セミナーin東京/子どもを幸せに導くしつけのコーチング(2)


3月4日に東京でハートフルセミナーの第2回目が開催されました。
このセミナーでは、NLP(神経言語プログラミング)を子育てに活用し、より良い親子関係を目指します。

前回に引き続き参加された方も多く、顔見知りになった方々の間で、その後の経過はどう?といった会話が休み時間やセッションの中で交わされ、参加者同士の距離感もぐっと近づかれていたのがとても印象的でした。

今回のテーマは、《幼児期の子どものしつけのコーチング「気持ちを受け止めよう」》でした。

しつけに関しては、ハートフルセッションのなかでも、勉強をしない、ゲーム時間を守れない、片付けをしないなど、どうしたら「〜しなさい」「〜やめなさい」を言わないようになれるのか、イライラを減らせるのかと盛り上がります。

どうにかしたい! だけど、どう対応したらいいのか、分からず、時に大きな声を上げてしまうこともあり、そんな自分が情けなくなる。なす術がないままズルズルと悪循環に陥っている。このような状況にはまってことが多いようです。
この悪循環を断ち切るには、どうしたらいいのでしょう?
もちろん、かくいう私もその一人でありました。
今回は、そのヒントが得られそう!と参加者の期待も高まります。
2017年03月14日(火) No.126 (セミナー::in 関東)

セミナーin大阪/子どもを幸せに導くしつけのコーチング(3)


2月5日(日)に大阪でのハートフルセミナー第3回「児童期の子どものしつけのコーチング」が開催されました。参加者のお子さんの年齢は様々でしたが、初回から連続して参加されている方も多く、挨拶を交わし歓談される姿も見受けました。

初めに、自己紹介を兼ねての「このセミナーに来た目的は?」との講師•菅原からの問いかけに、皆さん、それぞれの思いを語られ、もっと学びたい、親子ともども成長したいという気持ちに満ちていました。中には、「やってみたら、子どもが変わった」「ダメな親だ…という思いから解放された」という話も聞かれました。

今回のテーマは「信頼関係を構築」でした。言葉を使えるようになった児童期の子どもに対して、言葉の意味と親の態度でしっかりと信頼関係を築いていきましょうとの提案です。
2017年03月11日(土) No.125 (セミナー::in 関西)

セミナーin東京/子どもを幸せに導くしつけのコーチング(1)


2月11日に東京でハートフルセミナー「子どもを幸せに導くしつけのコーチング」の第1回目が開催されました。
参加者は、幼児から成人された方までお子さんの年齢も様々で、他にも教育関係の仕事をされている方もいらっしゃいました。
今回のテーマは「親の感情のコントロール」です。怒りに自分を乗っ取られて子どもに怒ってしまい、後で後悔するということはよくありますよね。今回はそんな自分の感情との向き合い方を学びました。

私が印象に残ったのは、怒る理由は一見相手にあるように見えますが、実は自分の中にある「〜するべき・〜するべきではない」という観念に縛られているからということです。
そうして振り返ってみると、私にもたくさんの「〜するべき」があることに気づきました。
2017年02月22日(水) No.123 (セミナー::in 関東)

セミナーin東京/子どもを幸せに導くしつけのコーチング(4)


12月11日(日)に東京でハートフルセミナー第4回目が開催されました。
今回のテーマは「思春期の見守り方」。子どものしつけのコーチングを取り上げた、4回に渡って開かれるセミナーの最終回です。

お子さんがそろそろ思春期に足を踏み入れようとしている方、今まさに思春期真っ只中の方、「そういえばあの頃は大変だったわ…」と思い出している方、参加者のお子さんの年齢は様々です。けれども、子どもとの関係をより良いものにしたい、思春期の子どもとの関係に悩んでいるお母さんの手助けをしたいなど、皆さんの意気込みが感じられるスタートとなりました。

思春期は、親という原型の中で生きてきた子どもが自分自身として生き始める、そういう時期です。この時期の子どもを支えるために親がどう向き合えばよいかを学びました。

我が家には19歳の息子と16歳の娘がいます。講師の菅原の話を聞きながら、数年前息子が思春期真っ只中の頃を思い出し、「ああすればよかった。」「こうすればよかったのに。」私の中に反省の思いが沸き上がってきました。今は、2人の子供たちとは結構話せる関係ですが、やはり意見が対立する時は「そら、来たぞ!」と肩に力が入ってしまいます。
2016年12月26日(月) No.122 (セミナー::in 関東)

[1][2]