ハートフルコーチの泣き笑い日記

日々の発見やつぶやきなど。

心遣い


ハピークリスマス! 倉敷の三谷良子です。

香港の久美さんからの"引越しにまつわるエピソード"は、対話の効用を目の当たりにしてもらった感じですね!
きっと、言葉だけでなく、お母さんとしての温かいまなざしや娘さんへの愛情につつまれた空間だったのだろうなと、久美さんの笑顔を思い浮かべながら読ませていただきました。新天地での新年も楽しみですね。

さて、今回は、私の心が温かくなった出来事(心遣い)をお伝えします。
ある方たちの心遣い気遣いに気づいた時、本当に嬉しく、身体もあったかく感じました!

先日、ある行政機関からの依頼講座に出向いた時のことです。
私は、交通手段の関係で、開始時刻の1時間以上も前に到着しましたが、すでに30名くらいは入れる会場に机や椅子の設営も完了されており、担当の方が、手作りのクリスマス飾りを壁に貼ることに精を出されていらっしゃることも感動でした。
そこへセンター長が、オレンジ色のバラがいっぱい入った花瓶を持ってこられました。私にはこの時期のバラのイメージがなく、「へ〜、クリスマス飾りとバラ?」と思ったりしていました。
が、その時、ふと、数日前に、講座の紹介や講師紹介を地元ラジオでの情報紹介番組収録で話すことがあるのでと、私の好きなお花や食べ物を教えて欲しいと、担当の方から言われて、
「お花は、バラですね。。。。 食べ物は、リンゴ、特にこの時期は美味しいのでうれしい。。。」
と何気なく答えていたことを思い出しました。
「そうなんだ!それでバラなんだ!」と。
直接私に質問された担当者ではなく、担当者との話を聴いてくださったセンター長が用意してくださったのだと知り、その温かい心遣い気遣いに感激しました。

実は、講座そのものは、9月末予定だったものを、私的な出来事で延期したものでした。今回への延期も快く承諾していただけましたが、その時には、参加予定の方々への連絡などでも多くのご迷惑をかけ、申し訳なく思っていました。
淡々と準備していただいても不思議はなかったのですが、本当に、言葉以上の温かさを感じる機会に恵まれ、幸せな師走になりました!
また、帰り際に、担当の方からも、とても美味しい私の大好きなリンゴを、お土産にいただくという心温まる扱いも受け、こんな心配りできる人でありたいとつくづく思いました。

今回のことから、言葉だけでなく、人が温かい気持ちになれる心遣い・心の温かさを、来年はもっと大切にしていきたいと思っています。

次は、北海道の渡辺寿子さんへ2回目のバトンを送ります。お楽しみに!!

岡山県/三谷良子 



                      

No. PASS