1. トップページ
  2. 子育て・自分育てに活かす
  3. その他のプログラム

タイトル:その他プログラムその他プログラム

ハートフルコミュニケーションが参加するイベントなどを随時ご案内します。

新プログラム「リズミックムーブメント〜入学準備コース」

日時 2018年4月3日(火)&4日(水)9:45~16:45
会場 都内未定
定員 親子10組(親1人と子ども1人。子ども2人はご相談ください)
参加条件 子どもの年齢:4才〜8才
親はハートフルコミュニケーションのいずれかのプログラムを学ばれたことがある方
参加費 60,000円+税

内容紹介

入学準備コースご案内 (原始反射統合プログラム)

原始反射という言葉をご存知ですか?

赤ちゃんがお母さんの指をぎゅっと握るのは「把握反射」です。
ビックリ反射ともいわれる「モロー反射」は、大きな音がしたり、そっとベッドに抱き下ろしたにも関わらず赤ちゃんが”ブルッ”として泣き出してしまったりという反射です。
その他にも原始反射にはいくつか種類があります。
それぞれ赤ちゃんの発達・成長のために「出現」⇒「活性化」⇒「統合(医療では消失と表現します)」⇒「姿勢反射にバトンタッチ」していくことがとても大切です。
ところが、原始反射が統合されず、次の反射へのバトンタッチが滞ると、感覚の発達、成長、感情の処理やコミュニケーション、そして学習やスポーツ、姿勢にまで影響を及ぼすことがあります。
小学校でのつまづきの一要因と考えられる様々な原始反射の不統合は、幼稚園時代~つかまり立ち・ハイハイ・寝返り・にぎにぎの頃まで遡ります。

読むことや書くことは学習スキルの基本として重要です。これらの何気なくやっていることは、実は多くの機能に支えられています。
視覚(見ること)、聴覚(聞くこと)、姿勢(動作・手先の器用さ)、思い通りに体を動かせることなどが土台となっているのです。
原始反射が統合されていない場合、これらのひとつひとつの機能に不都合が生じ、結果として、学習の場面においてなにがしかの困難さとして現れるのです。
大切なのは勉強の前に、学習スキルが身についているかどうかです。それは、原始反射の統合が完了しているかどうかが重要なカギとなっているのです。

入学準備コースは、学習やコミュニケーションに躓きがある、あるいはそうかもしれないという心配のあるお子さんと親御さんに参加していただくプログラムです。
経験豊かなインストラクターが、お子さんの様子を観察し、その状態にあった体の動かし方(遊び)をお伝えし、親子で一緒に遊びやゲームを開発し、楽しむ時でもあります。
親御さんには、ご自宅でできるようになっていただくためのコースです。

原始反射が統合されていないと現れる可能性のあること:感覚過敏反応、おちつきのなさ、(鉛筆など)不器用な持ち方、おねしょが続く、読み書きに集中できない、物事への過集中、 洋服の肌感覚を嫌がる、感情のコントロールが乱れる、姿勢がわるい、など

※お申込みにはオンラインショップ専用のユーザー登録が必要です。
(ハートフルコミュニケーション会員の方もユーザー登録をお願いします)

▽ユーザー登録済みの方はこちら

リンク:お申込みログイン

▽ユーザー未登録の方はこちら

リンク:ユーザー登録

上記リンクよりお手続きいただき、ご希望のプログラムをお申込みください。

■ ハートフルコミュニケーション会員の方

ログインしていただくと、お客さまのハートフルコミュニケーション会員種別(一般会員・特別会員)にあったお申込みプログラムが 表示されるようになりました。