ハートフルコーチリレーブログ

日々の発見やつぶやきなど。

箱せいさく


親心


Stop! DEKIAI-mama!


超〜不快からの解放!


信じて見守る〜子ども編〜


憧れ


こんにちは。千葉の藤野です。
櫻井さんの明るさの秘密は、自分のためだけではなく周りの人のためでもあるということですね。
自分の状態がその場をつくるということを改めて感じます。

そうはいっても、気持ちの余裕がない時は自分の状態にも気づけないものです。
これはまだ子どもが小さい頃のことですが、私の未熟さに私自身、あきれてしまうことがあります。

未熟な私は自分の都合で子どもを怒ってしまう人でした。
疲れている時、家事などしてる時等に子どもの要求に応えられず、怒っていました。
何に怒っていたのかも思い出せないほどのささいな行動に怒っていたと思います。
自分の言うことをきかないからと怒っていたのだと思います。
娘が悪かったということがほとんどないのではないでしょうか。
でも、私はプリプリと必要以上に娘を責め、しつこく怒っていました。
でも、娘は困った顔をするものの私のことを責めたり、泣いたりすることはなかったんです。
ただ、ひたすら聞いている。
そして、最後には私からなぜ怒っていたのかを説明し、次はこうして欲しいという話をして終わっていました。
こんなことを何度か繰り返していました。
2017年02月13日(月) No.288 (日記)

家族と心地良く暮らすために


学んで改善! 家族関係


タイミング


親切な人から教わったこと


こんにちは。東京都の堀です。

お正月の休みボケがようやく抜けてきた今日この頃です。
児島さんの娘さんは独り立ちして半年になるんですね。親の有り難さに気づき、しかも照れずに言葉で伝えらえるって素敵です。児島さんの今までの努力が報われるようですね。
私の今年の抱負は、「自分ひとりの時間を作る」です。イヤイヤな二歳息子の子育てに翻弄されている毎日なので、今年はしっかり息抜きしながら息子に向き合いたいと思います。

さて今回は、去年の暮れにあった出来事についてのお話です。
その日私は、午前中に二歳の息子と公園で遊んだあとに、お正月の飾り物や食材などの買い出しのためスーパーへ行きました。
妻は仕事だったので、私と二歳の息子の二人です。公園で元気よく遊んでいたので、疲れたせいかスーパーに着くと息子は私に抱っこを求めてきました。ここまではよくあることですが、しばらくすると息子は抱っこされたまま眠ってしまったのです。息子を起こさないように、そ〜っと子ども乗せカートに座らせようとすると、
「抱っこがいいー!!」「カートはイヤー!!」
と突然暴れはじめました。そしてなぜか私がカートを持つこと自体も気に入らないようなのです。
仕方なく、右手に重さ11圓梁子を抱きかかえながら、左手に買い物カゴです。
2017年01月16日(月) No.284 (日記)