1. トップページ
  2. ハートフルコミュニケーションとは
  3. ハートフルコミニュケーションのビジョン

タイトル:ハートフルコミニュケーションとはハートフルコミニュケーションとは

ハートフルコミュニケーション®のテーマは、子どもの幸せな自立です。
そのために子どもの「生きる力」を引き出すことを提案しています。

ハートフルコミニュケーションのビジョン

「生きる力」とは、「自ら学び・考え、主体的に判断・行動し、よりよく問題を解決する能力」と言うことができます。
子どものこの能力を育てるために、親として、先生として、身近な大人としてできることは、ふたつあります。

ひとつは、私たち大人が「生きる力」を発揮することです。
私たち大人の姿から、子どもはどう生きるかを学びます。

もうひとつは、子どもが「生きる力」を発揮しやすい環境を整えることです。
そうした環境で成長した子どもは、いずれ社会に出たときも、自分らしさに誇りを持って幸せに自立していくことができます。
では、そのために具体的に何をすればよいのでしょうか。

ハートフルコミュニケーションでは、子どもの「生きる力」を育て、その力を発揮させるために、子どもに何を教える必要があるか、また私たち親は子どもたちとどのように接すればよいかを提案しています。
そしてこの考えをより多くの大人たちに届けるために、2006年からはNPO法人として活動を続けています。

育みたい3つの価値観


人間の意識は大まかに2層構造で説明することができます。
それはまるで、水に浮かぶ氷山のようだとよく言われます。
水に浮かぶ氷山は、私たちに見える部分と水中に隠れていて私たちには見えない部分とに分かれます。

人間の意識構造も同じで、自分自身で認識できる顕在意識(認知意識)と、自分の意識でありながら自分では認識できない潜在意識(非認知意識)に分かれます。

人の生きる力は、非認知意識の中で育ちます。
それは子どものやる気ややりぬく力のように目には見えませんが生きる上で最も重要な要素であり、子どもの知的能力の土台となります。
目に見えるのは子どもの成績とかテストの点数で、これらの知的な要素が育つのは認知意識の中です。

子育ててもっとの重要なのは、子どもの非認知意識を育て、その能力を高めることです。
それこそが子どもの「生きる力」を伸ばすことになると考えます。

そのためハートフルコミュニケーションでは、子どもに3つのことを教えようと提案しています。
その3つとは、「愛すること」、「責任」、「人の役に立つ喜び」です。

「愛すること」を教えると、自己肯定感=自分という存在を肯定的にとらえる感覚を根付かせることができます。幸せに生きていくため土台となる大切な感覚です。

「責任」とは、今起きていることを引き受け、それに対応することです。
責任が育まれると、子どもの問題解決能力が育ちます。
問題解決能力は子どもの人生を、よりよいものへと導きます。

「人の役に立つ喜び」を学ぶことができれば、子どもは自分の力を自分のためだけでなく人のためにも発揮して、良好な人間関係を築けるようになります。

これらの3つを子どもの中に育むことで、子どもの「生きる力」を開花させ、その子らしい幸せな自立をサポートすることを、ハートフルコミュニケーションでは提案しています。