1. トップページ
  2. ハートフルコミュニケーションとは
  3. ワークショップのご依頼

タイトル:講演会・ワークショップなどのご依頼講演会・ワークショップなどのご依頼

特色

ハートフルコーチが進行役を務めるアクティブラーニング形式のプログラムです。レクチャーとグループディスカッション、体験ワークを効果的に組み合わせて、子どもの自立に向けてすぐに実行に移せる具体的なサポート方法を参加者ひとりひとりが見つけられるように援助します。

内容は定番のものとオーダーメイドのものがあり、いずれもオンラインでの実施にも対等しています。
定番のものは2種類あり、ひとつは『子どもの心のコーチング』をベースにしたもので、もうひとつは子どもの成長段階に沿って学びを重ねるものです。
オーダーメイドの場合は、ご希望のテーマや回数に合わせて内容を構成します。一例として、教育委員会などの依頼を受けて、入学前の保護者を対象に、親も子も安心して入学を迎えるための子どものサポート方法を学ぶワークショップを実施しています。

  • 定番ワークショップ
  • オーダーメイド
年齢別ハートフルワークショップ

子どもの幸せな自立のために、乳幼児期・学童期・思春期それぞれの時期に親としてどう関わればよいかを考えます。

乳幼児期編

子どもの自己主張にどう付き合い、やる気の芽をどう伸ばすかを考える

全5回/各120分
第1回 「イヤイヤ期にどうつきあうか」
子どもが自律を学ぶためにできること
第2回 「親の感情コントロール」
自分の感情との付き合い方
第3回 「子どもの甘えを受け入れるために」
子どもの甘えを受け入れることの大切さとその方法
第4回 「子どもが気持ちよく行動するには」
子どもが自分からやろうと思うための働きかけ
第5回 「子育て仲間とのより良い関係をめざして」
子育てをより楽しくするための、周囲との関係づくり

学童期編

子どもの幸せな自立のために、親がコーチとなって教えたい3つのこと

全4回/各120分
第1回 「親の役割」
親が子どものコーチになるとは? ヘルプからサポートへの切替
第2回 「愛すること」
自己肯定感を育てることの大切さとその方法
第3回 「責任」
自分で考え行動する力を育てるには
第4回 「人の役に立つ喜び」
子どもの自発性を伸ばすためにできること

思春期編

揺れ動く10代の子どもの心の安定と健やかな成長をサポートするために

全4回/各120分
第1回 「親の立ち位置」
思春期と自立の関係/親と子の心の距離を振り返る
第2回 「愛すること」
思春期の子どもを愛するとは
第3回 「責任」
「自律」を促すための親の関わり方
第4回 「親の自立」
幸せな子離れとは? 親子ともに自立するためにできること
子どもの心のコーチング ワークショップ

累計90万部超えのロングセラー『子どもの心のコーチング』(菅原裕子著/PHP文庫)をベースにした全3回のワークショップです。 オンラインでの実施も可能です。
子どもの幸せな自立のために育みたい3つの価値観を切り口に、日常にすぐ活かせる子どもとの具体的な関わり方や子育てのヒントを伝えます。

■ 子どもへのサポート力を高めます
■ 幸せに子育てをするための軸を育てます
■ 参加者のあいだにお互いを支え合う関係が生まれます

全3回/各100分〜120分
第1回テーマ 育てたい3つの力 ①愛すること
第2回テーマ 育てたい3つの力 ②責任
第3回テーマ 育てたい3つの力 ③人の役に立つ喜び
参加者の声
  • 「同じ年の子どもがいることで会話も弾んだ。同じような悩みをほかの方も持っていいることが分かり、少し気持ちがラクになった」
  • 「本を読むだけではわからなかったことが、講座に参加して理解が深まった。是非やってみようと思う」
  • 「日々の生活が慌ただしく流されがちですが、立ち止まり考えることが時々必要だと思う」
  • 「体験することで子どもの気持ちがよく分かりました。子どもの話をもっと聞いてあげようと思います。このようなコーチングがもっと広がれば、幸せな子供が増えると思います」
  • 「上の子の時にも参加したが、参加するたびに気づきがある」

ご希望のテーマや時間で内容を構築します。

これまでの実績
  1. 実施年月
  2. テーマ
  3. 主催
  4. 所要時間
  1. 2005年〜毎年
  2. 小学校入学前プログラム「ともだち たくさん つくろうよ」
  3. 新宿区教育委員会
  4. 120分ほか
  5. 1〜2回
  1. 2010年〜毎年
  2. 「学校デビュー応援プログラム」
  3. 大田区教育委員会
  4. 120分
  5. 1回
  1. 2012年~毎年
  2. 「思春期の親講座~子どもの心を育てるコーチング」
  3. 東京都世田谷区役所健康づくり課
  4. 120分
  5. 2回
  1. 2020年1月
  2. 「入学サポートプログラム」
  3. 大阪市立十三小学校
  4. 70分
  5. 1回
  1. 2020年6月
  2. 「[オンライン]子育て井戸端会議~みんなどう過ごしている~」
  3. 千葉市生涯学習センター
  4. 120分
  5. 1回
  1. 2020年6月
  2. 「あらためてこどもとのコミュニケーションをふりかえろう」
  3. 江東区教育委員会
  4. 120分
  5. 2回
  1. 2019年11月
  2. 「あふれる笑顔で家族の元気力UP」
  3. 新潟市石山地区公民館
  4. 120分
  5. 1回
  1. 2019年12月
  2. 「はぐくみサークル~子育てコーチング」
  3. 凸版印刷株式会社
  4. 120分
  5. 1回
  1. 2019年11月
  2. 「子どもの思春期を安心して迎えるために」
  3. 新宿区教育委員会
  4. 120分
  5. 1回
  1. 2019年11月
  2. 「子どもの心のコーチング~自分で考えて行動する力を育てるために~」
  3. 長野県青木村
  4. 85分
  5. 1回
  1. 2019年9月
  2. 「三条市働く親と子のコミュニケーション講座~思春期編」
  3. NPO法人ワーキングウィメンズアソシエーション
  4. 120分
  5. 1回
  1. 2019年7月
  2. 「笑顔で子育て~子どもとの接し方~」
  3. (福) 浦安市社会福祉協議会
  4. 60分
  5. 1回
  1. 2019年7月
  2. 「子育てコーチング~今年こそ平和に過ごそう夏休み~」
  3. 千葉県市川市立福栄小学校
  4. 120分
  5. 1回
  1. 2019年6月
  2. 「もっと!ずっと!ニコニコママになる講座」
  3. 新潟県燕市子育て総合支援センター
  4. 60分
  5. 2回
  1. 2017年7月
  2. 「子育てと自分探しに活かすコーチング」
  3. 千代田区男女共同参画センター
  4. 120分
  5. 2回
  1. 2014年10月
  2. 「思春期を成長のチャンスに!」
  3. 神奈川県綾瀬市教育委員会中央公民館
  4. 120分
  5. 2回
  1. 2014年7月
  2. 子育て安心講座「思春期の入口に備えましょう」
  3. 東京都多摩市立関戸公民館
  4. 120分
  5. 2回
  1. 2014年~2016年
  2. 「子どもの心のコーチング~親子で笑顔になれる子育てヒント」
  3. 三井生命保険株式会社 新潟県加茂支店
  4. 120分
  5. 4回
  1. 2014年2月
  2. 「親のための応援塾~子どもの自立をサポートする~」
  3. 京都府南丹市大野小学校
  4. 120分
  5. 1回
  1. 2011年6月
  2. 「10代の子どもの心のコーチング~こんな時どうしていますか?」
  3. 朝日カルチャーセンター 新宿
  4. 120分
  5. 3回
  1. 2011年~2013年
  2. 「こどもに伝えたい3つの力」
  3. 山形県酒田市教育委員会
  4. 120分
  5. 3回
主催者の声
  • 「学校デビュー応援プログラム」
    主催:大田区教育委員会
    (2010年度より毎年 / 120分)
    参加希望者も多く、コロナ禍で子育てをする不安の声も寄せられていましたが、講座実施後は「子どもとの関わりの中での不安やモヤモヤが少し晴れた気がします」「どこの家庭にも悩みがあって安心しました」など感想をいただきました。密にならずにできるワークも組み込んでいただき、実施できてよかったと思いました。
  • [オンライン]「子育て井戸端会議~みんなどう過ごしている~」
    主催:千葉市生涯学習センター
    (2020年6月実施 / 120分)
    打ち合わせ段階からオンラインで、こちらの希望を共に考えていただけたことで、参加者が十分に話せるテーマと構成で講座を組むことができました。当日も、スマホからもご気軽いただけて、画面で全員の顔がよく見えるため一体感が生まれていました。講師のファシリテーション力によって、参加者同士の対話を通して気づきが起きていき、講座の充実を感じました。
  • 「あらためてこどもとのコミュニケーションをふりかえろう」
    主催:江東区教育委員会家庭教育学級
    (2020年6月実施 / 120分×2回)
    コロナ禍により当初の想定とは違い、こどもが家庭にいる時間が長くなっている状況での親子のコミュニケーションについて考える学習機会となりました。徹底した換気や参加者間の距離をとるなどコロナ対策をとりながら、講師陣には参加者同士のやりとりの時間を交えつつ学習を深めるアプローチをしていただき、参加者も大変満足した学級となりました。
  • 「あふれる笑顔で家族の元気力UP」
    主催:新潟市石山地区公民館 幼児期家庭教育学級
    (2019年11月実施 / 120分)
    「もっと、もっとコミュニケーション上手になろう」というテーマで、受講生同士のロールプレイも交えて子どもとの向き合い方を学びました。
    「子どもの言葉をきいているつもりだったが、気持ちを受け止める聴き方が大切だと気づいた」「伝えたいことがきちんと伝わっていなかったかも」「自分が口を出したり、手を出したりしすぎていたかもしれない」など、いろいろな気づきがあり、子どもの心に寄り添ったコミュニケーションの取り方について具体的に学ぶことができました。
参加者の声
  • 「同じ年の子どもがいることで会話も弾んだ。同じような悩みをほかの方も持っていいることが分かり、少し気持ちがラクになった」
  • 「本を読むだけではわからなかったことが、講座に参加して理解が深まった。是非やってみようと思う」
  • 「日々の生活が慌ただしく流されがちですが、立ち止まり考えることが時々必要だと思う」
  • 「体験することで子どもの気持ちがよく分かりました。子どもの話をもっと聞いてあげようと思います。このようなコーチングがもっと広がれば、幸せな子供が増えると思います」
  • 「上の子の時にも参加したが、参加するたびに気づきがある」