ハートフルコーチの泣き笑い日記

日々の発見やつぶやきなど。

急にやってきた嬉しい変化


★★★ 第7回 オンライン・ホッとカフェのご案内 ★★★

日記を読んだ感想や疑問を執筆コーチたちと気軽に語り合う「泣き笑い日記オンライン・ホッとカフェ」。夏のカフェは今週末の開催です。

  【日時】2021年8月7日(土)10〜12時
  【参加費】無料
  【方法】オンライン(ZOOMを使用します)
  【お申し込み】
https://ssl.form-mailer.jp/fms/b0f263d9705119

今回取り上げる日記は、 「どんなときもマザー・テレサ」
思わず「あるある!」と言いたくなる出来事ととことん向き合った結果、円滑なコミュニケーションのヒントを得た経験を綴っています。
子育てや対人関係で疲れを溜め気味の方。
自分やまわりの人に今よりちょっぴり優しくなりたい方。
ひと息入れにいらっしゃいませんか?
あなたの中のマザー・テレサが、活性化するかもしれません。

★★★★★★

群馬の山本です。
羽木さんのお話、自分と重なるところばかりで、驚いていてしまいました。
私も自分には「できる人」を当てはめられずにいますが、自分にも忘れちゃいけないなと改めて思いました。

今回は私が経験したエピソードを2つご紹介します。
まずは夫のエピソードです。
私は、読書が大好きで、子どもにも読み聞かせをしたり、図書館へもよく連れて行ったりしました。しかし、夫は全く本を読まない人でした。読むと言えば新聞くらいでした。義母は読書家なので読み聞かせもしていたと思いますが、私と出会った時は全く本を読みませんでした。
2021年08月02日(月) No.523 (日記)

ターニングポイント


★★★ 第7回 オンライン・ホッとカフェのご案内 ★★★

日記を読んで聞きたくなったことや話したくなったことを気軽に語り合う、オンライン・ホッとカフェのお知らせです。

  【日時】2021年8月7日(土)10〜12時
  【参加費】無料
  【方法】オンライン(ZOOMを使用します)
  【お申し込み】
https://ssl.form-mailer.jp/fms/b0f263d9705119

話題にする日記は、 「どんなときもマザー・テレサ」
日常のなかでのモヤモヤを掘り下げた結果、思いがけないコミュニケーションのヒントを見つけた話です。
子どもや、まわりの人、そして自分に、今よりちょっぴり優しくなりたい方。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

※ 前回までの様子はこちらでお読みいただけます。

★★★★★★

兵庫の羽木です。
田中さんのお話を読んで、ついこの間もアドバイスをしようとして「ママは聴いてくれるだけでいいの!」と娘にたしなめられたことを思い出して、「ただただ聴こう」と気持ちを新たにしました。

今回は、子どものことで悩んだ時のことについて話してみたいと思います。私は子どもの思春期に悩んで、ハートフルコーチ養成講座に通いました。ここでの学びや気づきは語りつくせない程ありますが、その中で
も、子どもが変わっていったターニングポイントだなと感じていることを書いてみようと思います。

私は、『子どもの心のコーチング』の本を読んで、自分が目の前のことしか見えていないことを思い知りました。「目標は未来に置いて、子どもに生きる力をつけてやる必要がある。」そのための対応ができていませんでした。
特に下の息子には手出し口出しが多く、構いすぎな子育てをしていました。中学生になっていろいろ問題を感じるようになると、何とかしなければとうるさく責め立てていました。そうなると、悪循環。息子の状態も家の雰囲気も更に悪くなり、もうどうしていいかわからなくなっていました。
講座に通い始めてからは、息子との距離をおき、できていないと感じていたことをやるべくいろんな努力をしていたのですが、すぐには負のスパイラルは抜け出せませんでした。
2021年07月26日(月) No.522 (日記)

聞きつ、聴かれつ


★★★ 第7回 オンライン・ホッとカフェのご案内 ★★★

日記を読んで聞きたくなったことや話したくなったことを気軽に語り合う、オンライン・ホッとカフェ。
次回、夏カフェのお知らせです。

  【日時】2021年8月7日(土)10〜12時
  【参加費】無料
  【方法】オンライン(ZOOMを使用します)
  【お申し込み】
https://ssl.form-mailer.jp/fms/b0f263d9705119

話題にする日記は、 「どんなときもマザー・テレサ」
街中で子どもを叱責する親を見かけてモヤモヤととことん向き合った結果、本当にしたかったことを見つけた話です。
イライラしたりモヤモヤすることにちょっぴり疲れている方。
子どもや、まわりの人、そして自分に、今よりちょっぴり優しくなりたい方。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

※ 前回までの様子はこちらでお読みいただけます。

★★★★★★

大阪の田中です。

小林さんは、大変な責任感と努力をもって日々お仕事に向き合われているのだと感じました。そして、自分の思考パターンはどんなだろうかと考えるきっかけをいただきました。

今回は、我が家の長男がくれた気づきについて書きたいと思います。
我が家の長男は現在中学三年生。
思春期真っ只中ながらも、学校や友達、趣味の話しをよくしてくれます。たまに、イライラしてるなー、と感じることもありますが、声を荒げるようなことはなく、割と平和に過ごしていると思います。
それでも、学校から帰って部屋にこもって出てこなかったり、私の小言にだんまりを決めこむこともあります。
そんな長男とたわいもない話しをしていた時のこと。息子は友達の間で聞き役にまわることが多いらしく、「傾聴」について話しが及びました。

わたしには後悔していることがあります。
2021年07月19日(月) No.521 (日記)

右往左往のあとに見えてきたもの


★★★ 第7回 オンライン・ホッとカフェのご案内 ★★★

日記を読んで聞きたくなったことや話したくなったことを気軽に語り合う、オンライン・ホッとカフェ。夏カフェの時期がやってきました。
  【日時】2021年8月7日(土)10〜12時
  【参加費】無料
  【方法】オンライン(ZOOMを使用します)
  【お申し込み】
https://ssl.form-mailer.jp/fms/b0f263d9705119

話題にする日記は、 「どんなときもマザー・テレサ」
街中で子どもを叱責する親を見かけてモヤモヤしたことをきっかけに、コミュニケーションや子育てのヒントを見つけた話です。
イライラしたりモヤモヤすることにちょっぴり疲れている方。
子どもや、まわりの人、そして自分に、今よりちょっぴり優しくなりたい方。
心の凝りをほぐしにいらっしゃいませんか?

※ 前回までの様子はこちらでお読みいただけます。

★★★★★★

千葉の小林です。
元保育士さんだった山田さんが、理想と現実に戸惑われた経験を乗り越えて、「我が子は我が子」とすべてを受け入れて愛してきたこと。私も助産師として子育ての理想と現実に悩んだ経験があるので、その気持ちが手に取るようにわかりました。私も「我が子は我が子」と胸を張っていこうと励まされました。

さて今日は、自分の考え方のパターンを知っておくことで、ネガティブな感情もポジティブになる経験をしたので、ここに書こうと思います。
普段、私は相手の信頼を得ようとすることが物事に取り組む原動力になっています。
例えば、私の職業は助産師。産婦さんが私を信頼してくれることで相手が大船に乗った気持ちで出産に臨むことができたり、私を信頼し相談してくれることで子育ての悩みが軽くなってくれたら、それが私にとって一番嬉しいことです。また、チームで仕事をするときは、リーダーからの信頼を得たいので、指示を忠実に守りよく働くと自負しています。ただ、慣れないことに取り組むときや、準備がきちんとできていないと、相手の信頼を失ってしまうのではないか・・と不安に苛まれてしまいます。

今回、私の考え方のパターンを意識した出来事がありました。息子がお世話になった地元の中学校から「命の現場にいる立場から、命の大切さを教えてほしい」と依頼がきたのです。
2021年07月12日(月) No.520 (日記)

我が子は我が子


東京のやまだです。
本藤さんのご次男のスマホとゲームにまつわるお話に何度も首を大きく縦に振りながら共感しました。
そして父親の接し方がキーとなる・・まさに我が家にも同じことが言えます。とても参考になりました


さて我が家の6歳差兄弟は中1(長男)と小1(次男)です。6月、7月はそれぞれの誕生月になります
。6月生まれの長男は先日13歳になりました。
息子たちの誕生日が近づくとそれまでの成長を振り返りながらアルバムを見返す時間が増えてきます。初めての育児に翻弄されていた日々・・。授乳、おむつ替え、沐浴、何もかもが戸惑いだらけ。親になった喜び以上に不安の方が大きく毎日が必死だったことを思い出します。
元々保育士でもあった私は人一倍、我が子にはより健全に育ってほしいという理想や期待も大きかったのかもしれません。親子の愛着形成、子どもの情緒、遊びや発達・・それまでの知識や経験を活かし緩やかに楽しく子育てしたい! そんなふうにも思っていました。

ところが、理想と現実は違い・・我が子の子育ては挫折の連続・・思い通りにはいかないことの数々を思い知りました。特に長男は歩き始めが遅かったことで、かなりヤキモキしました。
2021年07月05日(月) No.519 (日記)

次男のゲームと父親の変化


東京の本藤です。
中溝さんの「相手が最善を尽くそうとしていることを認め、寄り添うこと。」という言葉にジーンと来ました。包み込むような温かい関わりが世の中にあふれるといいな、私の中のマザーテレサも育てていきたいな、と思います。

さて、今日は次男のスマホやゲームにまつわる話をしたいと思います。
次男が自分のスマホを持ち始めたのは中学1年の秋頃。それまでは「俺はガラケでいい」と話していたのですが、クラスのほぼ全員がスマホを持っていたことで「俺も欲しい」と言い出しました。
でもOKの一つ返事で買えないのがスマホです。次男は、どちらかというとゲームや好きなものに過集中になりがちで、周りが見えなくなる傾向があり、SNSリテラシーやゲームの使い方など心配なことが山ほどありました。そこで、スマホのルールを決めようと親子三人で話し合いました。
「家でスマホを使うのは1日2時間まで。夜10時以降は使わない。夜はリビングで充電する」
次男がわかった、守れる!とうなずきます。その横で、父親は新たにルールを出してきます。
「帰宅して勉強を〇時間やったらスマホを使っていい。成績が下がったら使える時間を減らす。約束を破ったら取り上げる」と、いつの間にか条件付き約束が追加されていきました。
大丈夫だろうかと心配する母親にはお構いなし、父子で調子よく決めていき、次男は笑顔でスマホを手にしました。しかし、2週間も経たずしてルールの危機がやってきたのです。
2021年06月28日(月) No.518 (日記)

どんなときもマザー・テレサ


心の拠り所


広島の大下です。
桜井さんの新たなチャレンジ、楽しみですね!応援しています。
さて、先日ある小冊子を読んでいると、コラムにこんなことが書いてありました。
――――――――――――――――――――――
小さな子が、自分の大切にしている物を肌身離さず持ち歩いていることがあります。
それは、ぬいぐるみだったり、毛布だったり。
たとえそれがすり切れてボロボロになっても、その子は大事そうに、ずっと持っています。
なぜなら、子どもが大切に持ち歩いている物は【子どもの心の拠り所】だから。
(参考:フリースクール主催者の古山明男さんのコラムより)
――――――――――――――――――――――
ありますね〜、そんなこと!
まだ経験の少ない子どもにとっては、周りで日々起こっている出来事や大人の行動などに、圧倒されてしまうこともあるでしょう。けれども、いつも変わらず自分のそばにいてくれる何かを「心の拠り所」にすることで、子どもは安心できるのでしょうね。

そういえばわが家の7歳娘も、寝るときにはいつも、ひつじの抱き枕と一緒です。ひつじがベッドにいないときは、「ひつじちゃーん」と声をかけながら探し回り、見つかると一安心。嬉しそうに右手でひつじを抱っこして、左手で私と手をつなぐと、安心しきった顔ですぐに寝息を立てて眠りにつきます。学校で一日がんばった疲れや緊張が、ほぐれるのかもしれません。

私自身も、思い当たることがあります。
2021年06月14日(月) No.516 (日記)

人生の第2章のはじまり!?


子どもと同化する