活動記録

プログラム当日の様子や概要などをハートフルコーチがお伝えします

大田区家庭教育学習会 〜入学サポートプログラム〜


大田区の教育委員会では、来年度入学する親子を対象に「学校デビュー応援プログラム」を6年前から実施しています。この取り組みは、入学に向けての不安を解消し、心の準備を進めるためのもので、親と子それぞれ分かれてのプログラムが用意されています。
実施当初から、私たちも保護者向けの学習会を担当させていただいています。今年は夏休みに5カ所の学校にて開催されました。 

また、昨年度からは、「入学前のサポートプログラム」に加え、1年生の保護者を対象とした入学後のプログラムも実施されています。今年は、6/30(土)・7/13(金)、平成30年度家庭教育学習会「初めての夏休みを迎えるまえに 子どもの力を伸ばすヒントを見つけよう!」が開催されました。

入学前、入学後ともに、参加者は小学校入学が初めてという親御さんがほとんど。それぞれに他の人はどうしているのかな?という思いで参加された方が多かったようで、最初のグループワークからお互いの話を熱心に聞き合う姿が見られました。
また、親子の会話のペアワークでは、子どもとしてどう感じるか?を体験することで、日頃何気なくかけている自分の言葉が、子どもにどういう影響をあたえているのか?ワークを通して様々な気づきや声掛けのヒントを見つけていただけたようです。

参加者アンケートにも、「同じ年齢の子を持つ親と話せて楽しかった」「悩んでいるのが自分だけでないことが分かってホッとした」「今までとは違うやり方を実践していきたい」といった声が寄せられました。
参加者同士で話をする中でたくさんの気付きがあったり、体験を通して「やってみよう!」と思えるヒントを見つけてくださったのがとても嬉しいです。
今年の入学後のプログラムには、昨年入学前プログラムに参加していただいた方もいらっしゃってくださり、
また学びに行きたいと思って足を運んでくださる方がいらっしゃるのは嬉しいことです。

このような形で、これからも「入学」という自立の第一歩の時期に合わせて、子どもとの関わり方を親同士で考えていく場を、教育にかかわる方々とともに作っていきたいと思います。

なお、この取り組みは大田区教育委員会のホームページでも紹介されています。
 http://www.city.ota.tokyo.jp/kyouiku/shakyou/katei_kyouiku/kateikyouiku/index.html
また、同委員会発行の「家庭教育コラム」では、当法人代表理事菅原裕子による、家庭でこどもに向き合うヒントを掲載しています。下記ページでもご覧いただけます。
 http://www.city.ota.tokyo.jp/kyouiku/shakyou/katei_kyouiku/kateikyouikucolumn.html

担当:福田潔子 



2018年11月13日(火) No.234 (ワークショップ)