1. トップページ
  2. 子育て・自分育てに活かす / ハートフル子育てIdea Box
  3. 思春期
乳幼児期学童期思春期

中1の娘。人間関係に悩みます。

中1の娘です。いじめというか人間関係が難しく、悩むことが多いです。クラスの中心的 な女子グループがあり、どうもターゲットを決めて無視したり、悪口を言ったりするよう です。娘は日々ストレスを抱えて帰ってきます。そして、私に話します。泣いて悔しさ、 辛さを訴えます。同じ年頃の女子を持つ友人に話してみると、「中学女子の人間関係はそ んなもんだし、先生に言ってもよほどのことがない限りできることもない」とのこと。親 はどうすればいいのでしょうか。

強い信頼でお子さんを支えることが重要

お嬢さんは今つらい時ですね。それを見ている親も、どうしたら救えるかがわからないの で悩みますね。お嬢さんは毎日帰ってはお母さんに話して泣いているとのこと、それがで きるのはよかったです。とにかく聴いてください。お嬢さんは学校でのストレスを親と話 すことで発散しているのです。お子さんの話を聞くときに、気を付けたいことを挙げてお きましょう。
1 オタオタせず、ドンと受け止める態度でいてください。親が落ち着きを失うと、子ど ももより不安になります。親が傷ついたり、心配しすぎたりすると、子どもは親に言 わない方がいいと感じてしまうことがあります。そうすると子どもの状態が分からな くなります。この機会に、より強固な信頼関係を創ろうと決めてください。何でも話 せる関係を維持することです。すべてを話すかどうかはわかりませんが、言える場を 創ることです。お嬢さんの話を聞くことをなるべく優先させてください。
2 起こっていることに関して、子どもに原因を求めることは控えましょう。お嬢さんが いじめられるのは、お嬢さんに何か理由があるのかもしれません。何かを言ったとか したとか。お嬢さんは全くの被害者かもしれません。なぜそうなったとか、あなたに も悪いところがあるんじゃないかとか、親の方から詮索しても始まりません。ただ 、「それは嫌だったね」「それはひどいよね」「泣きたくなるね」とすべてを受け止 め、お子さんの味方になってください。
3 お子さんの状態に常に注意を払ってください。よく睡眠をとること、清潔でいること 、しっかり目を見て話すことなどをアドバイスしてあげるといいでしょう。お嬢さん は悔しくて泣いているようですから、これらのアドバイスは役に立つと思います。 人の気質はいろいろです。人間関係にこだわるタイプ、わが道を行くタイプ、人とあまり 交わらないタイプ。
中学生ともなると、それぞれの傾向が顕著に現れます。特に人間関係にこだわるタイプは 、他の子と群れては、人間関係にまつわる様々な行動を起こします。いい時は、学校行事 の中心になってクラスを動かしたりします。悪い時は、他を排除したりもするでしょう。 お嬢さんはどのタイプですか?我が道を行くタイプなら、家でストレス発散できれば大丈 夫です。そもそも人と交わらないタイプなら、そういった群れの子たちを俯瞰しているか もしれません。
クラス以外での友人関係ができるようになるといいですね。クラブ活動や塾や習い事など 、クラスや学校がすべてではありませんから。中学生と言えば、複雑な人間関係を学ぶ入 り口です。難しい人たちとどう付き合えばいいかを学べるように、お母さんが強い信頼で お子さんを支えることが重要ですね。