1. トップページ
  2. 子育て・自分育てに活かす / ハートフル子育てIdea Box
  3. 思春期
乳幼児期学童期思春期

受験の失敗で“燃え尽きた”子どもをなんとかしたい

息子は中学受験をして、第二希望ではありますが、中高一貫校に入りました。 第一希望ではなかったのでしばらくは親子共に落ち込みましたが、何とか気持ちを立て直して入学しました。 ところがその後は全くやる気を見せず、「燃え尽きた」が口癖で、成績もひどいものです。 小学生の時は成績が良かっただけに、サボる息子に腹が立つと同時に、今の状態に不安を感じます。

変わらず愛していることを伝えるために、お子さんの話を聞きましょう

受験を目指していたころの彼はどうだったのでしょう。 頑張っていたのに、第一希望に合格しなかったのであれば、彼はとてもがっかりしたでしょうね。 親御さんも同じようにがっかりしていたとしたら、彼は親をがっかりさせた自分にもがっかりしたかもしれません。 そして、そのがっかりを立て直す機会がなかったのかもしれませんね。 合格できなかった自分を責め、親を喜ばせることができなかった自分を責め、身の置き所のない彼は「燃え尽きた」を自分の言い訳にしたのではないでしょうか。

受験は彼の希望でしたか?自分の選択であれば、勉強の努力もその結果も受け止めやすいものです。 ところが、親の期待を背負って受験したとしたら、彼の気持ちは複雑かもしれません。 第一希望に不合格だったとき、ご両親はどのように息子さんが失意から立ち直る手伝いをされたでしょうか。 合格不合格、成績の良しあしにかかわらず、親は変わらず彼を愛し尊敬していることを伝えましたか? 彼が自分の力で気持ちを立て直すまで寄り添いましたか?
受験後、そのための時間を充分に取れていないのであれば、これからその時間を取ってはいかがでしょうか。 最近の息子さんの生活はいかがでしょうか。クラブ活動はしていますか?よく彼と話しますか?

彼の様子に腹を立てたり、不安を感じたりしておられる様子ですが、まず、彼への期待はいったん脇に置いて、彼と話す時間を取ってみてください。 親が思っていることを伝え、勉強をさせるための会話ではなく、彼の話を聞くための会話です。 受験の失敗は、長い人生においてはほんの小さな出来事です。 彼の人生にはこれからもっと素晴らしいことが待っています。 それと出会うためにも、この時を大切に生きなければなりません。 それは勉強することではなく、やる気を取り戻すことです。そうすればまた学習に向かう意欲も取り戻せます。