活動記録

プログラム当日の様子や概要などをハートフルコーチがお伝えします

第35回 ハートフルクラブ


3月4日のハートフルクラブは、前回、好評でもっとお話を伺いたいと要望があった慶応義塾大学の花田光世先生の第2弾でした。
テーマは、「あなたのお子さんが生き抜く社会と自分の成長に本気になる教育とは」です。

今回は、聞きながら次第に気が滅入っていきました。
まず、2年後2020年には、日本人女性の人口の半分が50歳代になる。
15年後、2030〜2035年頃、日本は危機を迎える。
年金は1.5人で支えるようになり年金システムは崩壊。
団塊ジュニアが60代に突入し超高齢化社会になる。
その頃、今ある仕事の約半分は無くなり、約半分は今はない未知の仕事になっている。
高度成長期に作られた社会インフラが劣化し始める。
・・などなど、今、5歳の子どもたちが大人の仲間入りをする20歳を過ぎ社会人になる頃、
多分、自分の親よりもレベルの低い生活しかできないことを知るだろうと、静かに淡々とこれから日本社会が迎えるだろう危機を説明してくださいました。

私は、社会問題にもそれなりに関心を持ち少子高齢化の現状を分かっていたつもりでいましたが、
データで見る日本の未来に起こる現実を目の前に突きつけられ、思わずため息が出ていました。
子どもだけでなく、私たちにとってもこれから生きる社会がどうなるのかは重要です。
60歳を過ぎたら、定年退職して、老後は年金で・・なんてライフプランは成り立たない。
健康寿命と言われる80歳くらいまで働き、自分の老後を自分で面倒をみれるように
資金計画を立てなければならない現実が、すぐそこにきている・・
私だけでなく、参加者の誰もがその厳しさに愕然としていました。

じゃあ、私たちはどう生きたらいいのだろう。
子どもたちをどう育てたらいいのだろう。
子どもたちの夢は?希望は?将来なりたい仕事は?
子どもたちに、何を目標にして生きていくように伝えたらいいのだろう?
そんな事が頭の中をグルグルまわっていました。

かなり厳しいお話でしたが、そんな時代を生き抜くヒントを2つ見つけました。

1つ目は、自己肯定感です。
ただ、当たり前すぎて流してしまいそうでしたが、花田先生が「標準的な自己肯定感はない」と仰った
一言にはっとしました。
自己肯定感を支える感情である自信には説明のつかない根拠があって、
そもそも自信の根拠を標準化、一般化してあてはめようとすることに意味がない。
その人なりの独自の他人に理解されにくい根拠があり、それでいい、と。
もしかしたら、私は、私が思う根拠のある自己肯定感を押し付けていたかもしれないと反省しました。
これからは、「この子の自信がどこからくるかに共感し、寄り添う」事で支えていきたいと思います。

2つ目は、自分なりの自分軸を持つ、ということです。
自分が大切だと思うもの、好きなものを持っていること。時間を忘れて没頭できるものがあること。
自分軸を持っていると、人の評価に一喜一憂せず、好きなものは大変さを乗り越える力がある。
これが、変化の多い時代を生き抜く力になることを改めて気付かされました。

もう一つ、私が救いだと思えたのは、今、このタイミングでお話を聞けた事です。
お陰さまで、最悪な未来さえも想定内にできます。
どれだけ準備をしても、20〜30年後、私の価値観を超えた想定外のことが起こるかもしれません。
それでも、今から準備をするのとしないのとでは、受け止め方、対応力は全く違うのではないかと思いました。
それは、子どもたちにとっても同じだと思うのです。
過酷かもしれませんが、未来の日本、そして社会が直面する事実を知らせ、自分を信じる強さとしなやかさを
持てるように育てるサポートをしていこうと思いました。
変化を恐れるのではなく、変化を楽しむことが新しい時代を生きるコツなのかも・・・そう思い出すと、あら不思議!
あんなにお先真っ暗だと思っていた未来が、どんどん明るい未来に変わっていました。

ピンチの中にチャンスを見つけ、子どもたちも、私も、新しいチャレンジを楽しんで生き抜こうと思います。

ハートフルコーチ・湯地 知美 




2018年03月31日(土) No.158 (ハートフルクラブ)

第35回ハートフルクラブ


第34回ハートフルクラブ


7月2日(日)、第34回ハートフルクラブが開催されました。
秋田県東成瀬村教育委員会委員長の鶴飼孝さんをお招きして「子どもの可能性を開く教育〜家庭でできる取り組み」と題して講演をしていただきました。

東成瀬村は人口2600人、山林原野が93%を占める自然豊かな所です。秋田県の東南端にあるこの小さな村は「学力の高い村」として教育関係者、メディア等の注目を集めており、国内はもとより韓国やモンゴルなどから訪れる視察者の数は年間600人を超えています。
全国に先駆け小学校での探求型授業を実施するなど、国内外から注目される東成瀬村の教育への取り組みを聞かせていただきました。
2017年07月09日(日) No.138 (ハートフルクラブ)

第33回ハートフルクラブ


ハートフルコミュニケーションの学びの場を関西でも増やしたいという念願がかない、関西初のハートフルクラブが5月13日に開催されました。

今回のハートフルクラブのテーマは二本立てでした。午前の部は「エニアグラムで学ぶ“人は9人9色”」、午後の部は「”子育てIdea Box”ライブバージョン〜ひび割れ壺を育てよう〜」。
あいにくの雨でしたが、70人以上もの方にご参加いただくことができました。
終了時には、学んで良かったという表情の方々が沢山おられて、ほっとしました。

人が生まれながら持っている気質を9つのタイプに分類するエニアグラムは、自己認識と他者理解の有効なツールと言えると思います。
どのタイプが優っているとか、劣っているということではありません。
2017年05月21日(日) No.133 (ハートフルクラブ)

第32回ハートフルクラブ


3月5日に東京都・成城ホ−ルにてハ−トフルクラブが開催され、「ハ−トフルコミュニケーション版クロスロ−ドゲーム」が行われました。
クロスロードゲームは元々、阪神大震災後に、災害対応でのジレンマを伴う状況が素材となって作成されたカードゲ−ムです。このゲ−ムを子育てのなかで活用できないかと、群馬県でjハートフルコミュニケーションの活動をしているチ−ムGが5年の歳月をかけ作り上げました。
2017年03月27日(月) No.128 (ハートフルクラブ)

第31回ハートフルクラブ


11月23日(水・祝)、第31回ハートフルクラブが開催されました。
今回は、慶應義塾大学名誉教授 花田光世先生をお招きし、「あなたのお子さんが生き抜く社会」と題して、講演をしていただきました。
お話は、「あなたのお子さんが生き抜く社会とはどんなものでしょうか? 今とは仕事が変わります。今とは企業組織も変わります。今とは年齢構成の異なる社会です。生き抜く力をどのように育てますか?」という、身が引き締まるような問いかけから始まりました。
2016年12月07日(水) No.120 (ハートフルクラブ)

第30回ハートフルクラブ


第29回ハートフルクラブ


第28回ハートフルクラブ


わたしのハートフルコミュニケーションとの出会いのきっかけは、10年前の目黒区民大学の募集記事「子どもの心がみえますか」という言葉に、ピンと来たからです。

その頃の私は、6歳と3歳の息子たちの子育ての悩み真っただ中。それまで学校や会社で、人に対してあまり怒りを感じたことがなかったので、なぜ、息子たちといると自分がイライラとしてしまうのか分かりませんでした。
そんな自分をどうにかしたくて、ハートフルコーチの養成講座で学んだのですが、その結果は、まるで新たに高い壁がそびえたような感覚でした。頭では、「わかった!もっとこどもの目線になって、相手のいうことを聞いて、待っていればいよう。結果が出るのを焦らなければいいんだ!」と理解したつもりでも、それまでの自分の考え方の癖をを変えることは思ったよりも難しく、さらに、子育てのあらゆる失敗を繰り返していたように思います。
自分なりに頑張っているつもりだったのですが、えらく肩に力の入ったひとりよがりな子育てだったなあ、と、冷や汗が出ます。息子たちはそんな母親が育つのを辛抱強く待っていてくれたのだと思います。感謝しかありません。

さて、久しぶりに参加したハートフルクラブのテーマは「エニアグラムで学ぶ ”人は9人9色”」。エニアグラムについて、代表理事の菅原裕子から直接お話を聞けるということで楽しみでした。
「エニアグラムを学ぶことは自分らしさの核となるものと出会うことです。人にはそれぞれ生まれながらに備わった気質があるといわれています。それらは9つのタイプに分けられています」という基本は知っていたのですが、それまで自分の気質についても、どのタイプにあてはまるのか、よくわかっていなかったのです。
おおざっぱなところもあれば、神経質なところもあるし、はたまためちゃめちゃ大胆なところもあって、どの気質のタイプに当てはめてもしっくりきていなかったので、今回はちょっと期待にわくわくしながらの参加でした。
2016年05月18日(水) No.109 (ハートフルクラブ)

第26回ハートフルクラブ


7月20日(月)、第26回ハートフルクラブが開催されました。
今回は、「教育改革は体験学習から 〜手を使って考える小さな科学者たち〜」と題して、学校法人 きのくに子どもの村学園 学園長・堀 真一郎先生をお招きし講演していただきました。

自分もこんなすばらしい学校に通いたい、学園での取り組みの中に家庭でもできるヒントがあるかもしれない、当法人代表理事・菅原裕子のそんな言葉で堀先生の紹介があり、講演がいよいよスタートです。
2015年08月01日(土) No.101 (ハートフルクラブ)

[1][2]