活動記録

プログラム当日の様子や概要などをハートフルコーチがお伝えします

第48回ハートフルクラブ


2022年7月9日(日)、第48回ハートフルクラブをオンラインで開催しました。
今回のテーマは「発達障がいって言うけれど…。〜幸せな未来に向けて、どう理解し、どう付き合っていくのか?〜」。株式会社チットチャット代表の森嶋 勉氏をゲストにお迎えし、当法人代表理事の菅原裕子との対談形式でお届けしました。約60名の参加者と共に過ごした、あっという間の2時間でした。

スポーツを通じた障がい児・者の余暇支援と自立支援にスポットを当てて活動されている森嶋氏。発達障がいを持った子どもに運動を通じて生きる力を育て、 可能性を引き出すサポートをしている森嶋氏の取り組みから話は進んでいきました。
多くのお子さんと親御さんを側で見て関わってこられた実体験からのお話は、心に響く言葉がたくさんありました。なかでも、私の胸に深く刺さったことは2つです。生き抜く力の根幹は、「自分で出来る!」と子ども自身が知っていることであり、社会性を身につけていくことができる。そして、その為には、親が覚悟して子育てを楽しみながら、その子の素晴らしいところに光をあてていくことが大切ということです。

私には不登校を経験した娘がいます。ハートフルコミュニケーションと出会う前の私は、娘の子育てと仕事に一生懸命でした。当時の私には、娘と過ごす時間や、娘の成長を楽しむ余裕はありませんでした。「立派に育てなければ」という親としての責任を感じ、社会に出て困らないように、と必死でした。だから、娘のできないことばかりが目につき、できるようにすることに力を注いだのです。
2022年07月15日(金) No.281 (ハートフルクラブ)

第47回ハートフルクラブ


3月13日(日)第47回ハートフルクラブをオンラインで開催しました。テーマは「人生のハーフタイムを取りましょう」。
ハートフルコミュニケーションには、自身の人生やキャリアを振り返り、今後の生き方、働き方を考える「ハーフタイム」というプログラムがあります。
今回は、リンダ・グラットンとアンドリュー・スコットの著書「ライフシフト―100年時代の人生戦略」をもとに、講師の当代表理事 菅原裕子 と参加者、スタッフ約80名が、〃ハーフタイムを取って〃人生100年時代について考え語り合う2時間でした。
2022年03月24日(木) No.277 (ハートフルクラブ)

第46回ハートフルクラブ


2021年11月23日、オンラインで第46回ハートフルクラブが開催されました。
講師は当法人代表理事の菅原裕子。テーマは「自己肯定感を育てよう」です。120名もの参加者とともに学び深い貴重な時間を過ごさせて頂きました。参加された方々は未就学児から成人されたお子様を育てられたお母さん達が多く、ブレイクタイムではお互いの子育ての中で感じる自分自身の感情や価値観を共感や気付きを共有し合いました。最後には親である自分たちが自己肯定感を高めるために、これならできそう、やってみようと発表しあったのですが、子ども達と共に成長していこうとされる皆さんの様子を拝見し愛が溢れる気持ちになりました。
2021年12月19日(日) No.273 (ハートフルクラブ)

第45回 ハートフルクラブ


2021年5月16日(日)、オンラインで第45回ハートフルクラブ講演会を開催しました。
全国から120名を超える参加があり、子育て中の方、子どもと関わる仕事に携わっている方、会社にお勤めの方など幅広い層の皆さんが集まりました。講師は、当法人代表理事 菅原裕子。 テーマは『子どものやる気のコーチング』。
私自身、3年前に職場の同僚に誘ってもらい、初めてハートフルコミニケーション講演会に参加しました。もっと深く学びたい!知りたい!思いから、最初に読んだ本が「子どものやる気のコーチング」でしたので、この講演会をとっても楽しみにしていました。
2021年05月23日(日) No.263 (ハートフルクラブ)

第44回ハートフルクラブ


2月28日、3月7日の2日間にわたりオンラインでのハートフルクラブが開催されました。
講師は、当法人の代表・菅原裕子。テーマは、コロナのこの時代だからこそ、親が子どものコーチになり、元気に子育てしよう!という呼びかけとともに、1回目は「子どもの心のコーチング」そして2回目は「10代の子どもの心のコーチング」でした。
私自身、先の見えない中で、思春期の子どもの子育て中。この講演会に参加するのが本当に楽しみでした。
2021年03月18日(木) No.261 (ハートフルクラブ)

第43回ハートフルクラブ


11月23日(月・祝)に第43回ハートフルクラブをオンラインで開催しました。
今回のハートフルクラブでは〈気持ちをもっと伝えよう「あの人に届けたいハートフルメッセージ」〉と題して、ハートフルコミュニケーション代表の菅原裕子がファシリテーターを務め、全国から集まった45人のみなさんとメッセージづくりをしました。

ハートフルコミュニケーションが毎朝8時に配信しているハートフルメッセージ。
それは、「毎朝娘を叱ってばかりで悲しい」というあるお母さんの一言をきっかりに、日々子育てを頑張っている全国のお母さん、お父さんに毎朝、優しい気持ちになれるメッセージや元気になれるメッセージを届けたい!そんな思いから始まりました。
ハートフルコーチたちがふだんの生活の中で感じたことや子育ての経験の中から気づいたことをメッセージにしています。「気分が上がりました!」「思わず涙がこぼれました」「私のことを見ている?と思うくらいぴったりなメッセージで驚きました(笑)」などたくさんの感想が寄せられ、8年目を迎えた現在は1500名を超える方に毎朝メッセージをに毎朝お届けしています。(▶▶▶ご登録は
こちらから

今回のメッセージづくりでのテーマは2つ。
「あなたの心に響くメッセージ」と「あの人の心に届くメッセージ」。
2020年12月08日(火) No.259 (ハートフルクラブ)

第42回ハートフルクラブ


7月5日(日)に実施した第42回ハートフルクラブは、コロナ禍のため、初めてのオンライン開催となりました。
オンラインなので、部屋を移動してPCの前にスタンバイするだけです。そんな気軽さも手伝ってか、参加者も定員の30名を遥かに上回り52名。画面上に沢山のお顔が見えました。

今回の「シニアに寄り添うコーチング」の講演では、講師である当法人理事、飯田ヨシ子が、88歳の母にコーチングを始め、103歳で見送るまでどんな関わり方をしたのかを分かり易く、参加者に伝えます。
2020年07月13日(月) No.253 (ハートフルクラブ)

第41回 ハートフルクラブ


11月23日(土)世田谷区 砧区民会館(成城ホール)にて、第41回ハートフルクラブを開催しました。
今回は、パネリストに産業能率大学情報マネジメント学部教授 荒木淳子先生と、専修大学法学部教授 岡田憲治先生をお招きし、『親の「働く」と、「子どもの健全な自立」をサポートするコミュニケーション』をテーマに、当法人代表・菅原裕子とのパネルディスカッションの形で進められました。

「働く」ということと「家庭」の間を何で繋げていくか、そして子どもとのコミュニケーションについて考えるディスカッション。子育てと働くことを両立する家庭が増えている一方で、「どちらも中途半端で、自分が何をしたら良いのかわからない…」そう悩む母親のひとりである私も、子どもが幼い頃は「両方ちゃんとやらなきゃ!でもできない!」と焦っていたことを思い出しました。
では、「仕事と家庭の両方を充実させる事はできるのか」?
2019年12月01日(日) No.248 (ハートフルクラブ)

第39回ハートフルクラブ


3月3日に第39回ハートフルクラブを開催しました。
今回は「アクティブラーニングって何? 子どもたちが育つ学校づくり」をテーマに、品川区立第二延山小学校校長 瀧渕正史氏から主体的・対話的深い学び(アクティブラーニング)がどのように教育現場で取り入れられているのかお話しをうかがいました。40名近い参加者が熱心に耳を傾けました。

アクティブラーニングについては、最近よく耳にするもののきちんと理解していませんでした。滝渕先生が第二延山小学校で、このアクティブラーニングをどのように活用しているのかをさまざまな事例を紹介しながら、具体的にわかりやすくお話してくださいました。

第二延山小学校の学校づくりの視点は「1.教職員の資質・能力の向上」、「2.バックアップ体制の強化としての保護者・地域との連携」であるとのことでした。
2019年03月13日(水) No.240 (ハートフルクラブ)

第38回 ハートフルクラブ


『我が子が隣りの子だったら・・・』
 〜秦 万里子さん子育て講演会&ピアノライブを終えて〜

秦 万里子さんの講演会&ピアノライブは楽しかった。笑った。涙が出た。そして感動した。
でも、そんな簡単な言葉では表現できない感情が私の心の奥に残っている。

秦さんはアスペルガー症候群であるお子さんの育児体験とご自分のメッセージをトークとピアノの弾き語りで私達に伝えてくれました。
2018年12月01日(土) No.235 (ハートフルクラブ)

[1][2] [3] [4]