活動記録

プログラム当日の様子や概要などをハートフルコーチがお伝えします

第35回 ハートフルクラブ


3月4日のハートフルクラブは、前回、好評でもっとお話を伺いたいと要望があった慶応義塾大学の花田光世先生の第2弾でした。
テーマは、「あなたのお子さんが生き抜く社会と自分の成長に本気になる教育とは」です。

今回は、聞きながら次第に気が滅入っていきました。
まず、2年後2020年には、日本人女性の人口の半分が50歳代になる。
15年後、2030〜2035年頃、日本は危機を迎える。
年金は1.5人で支えるようになり年金システムは崩壊。
団塊ジュニアが60代に突入し超高齢化社会になる。
その頃、今ある仕事の約半分は無くなり、約半分は今はない未知の仕事になっている。
高度成長期に作られた社会インフラが劣化し始める。
・・などなど、今、5歳の子どもたちが大人の仲間入りをする20歳を過ぎ社会人になる頃、
多分、自分の親よりもレベルの低い生活しかできないことを知るだろうと、静かに淡々とこれから日本社会が迎えるだろう危機を説明してくださいました。

私は、社会問題にもそれなりに関心を持ち少子高齢化の現状を分かっていたつもりでいましたが、
データで見る日本の未来に起こる現実を目の前に突きつけられ、思わずため息が出ていました。
子どもだけでなく、私たちにとってもこれから生きる社会がどうなるのかは重要です。
60歳を過ぎたら、定年退職して、老後は年金で・・なんてライフプランは成り立たない。
健康寿命と言われる80歳くらいまで働き、自分の老後を自分で面倒をみれるように
資金計画を立てなければならない現実が、すぐそこにきている・・
私だけでなく、参加者の誰もがその厳しさに愕然としていました。

じゃあ、私たちはどう生きたらいいのだろう。
子どもたちをどう育てたらいいのだろう。
子どもたちの夢は?希望は?将来なりたい仕事は?
子どもたちに、何を目標にして生きていくように伝えたらいいのだろう?
そんな事が頭の中をグルグルまわっていました。

かなり厳しいお話でしたが、そんな時代を生き抜くヒントを2つ見つけました。

1つ目は、自己肯定感です。
ただ、当たり前すぎて流してしまいそうでしたが、花田先生が「標準的な自己肯定感はない」と仰った
一言にはっとしました。
自己肯定感を支える感情である自信には説明のつかない根拠があって、
そもそも自信の根拠を標準化、一般化してあてはめようとすることに意味がない。
その人なりの独自の他人に理解されにくい根拠があり、それでいい、と。
もしかしたら、私は、私が思う根拠のある自己肯定感を押し付けていたかもしれないと反省しました。
これからは、「この子の自信がどこからくるかに共感し、寄り添う」事で支えていきたいと思います。

2つ目は、自分なりの自分軸を持つ、ということです。
自分が大切だと思うもの、好きなものを持っていること。時間を忘れて没頭できるものがあること。
自分軸を持っていると、人の評価に一喜一憂せず、好きなものは大変さを乗り越える力がある。
これが、変化の多い時代を生き抜く力になることを改めて気付かされました。

もう一つ、私が救いだと思えたのは、今、このタイミングでお話を聞けた事です。
お陰さまで、最悪な未来さえも想定内にできます。
どれだけ準備をしても、20〜30年後、私の価値観を超えた想定外のことが起こるかもしれません。
それでも、今から準備をするのとしないのとでは、受け止め方、対応力は全く違うのではないかと思いました。
それは、子どもたちにとっても同じだと思うのです。
過酷かもしれませんが、未来の日本、そして社会が直面する事実を知らせ、自分を信じる強さとしなやかさを
持てるように育てるサポートをしていこうと思いました。
変化を恐れるのではなく、変化を楽しむことが新しい時代を生きるコツなのかも・・・そう思い出すと、あら不思議!
あんなにお先真っ暗だと思っていた未来が、どんどん明るい未来に変わっていました。

ピンチの中にチャンスを見つけ、子どもたちも、私も、新しいチャレンジを楽しんで生き抜こうと思います。

ハートフルコーチ・湯地 知美 




2018年03月31日(土) No.158 (ハートフルクラブ)

実践教室/子どものしつけのコーチング(3) 思春期


エニアグラム2(関西)


1月20日(土)、21日(日)の二日間にわたって、関西初の「エニアグラム2」が開催されました。

エニアグラムは自分や他者をより深く理解するための学問のひとつです。人の生まれ持った気質を9つのタイプに分け、それぞれのタイプの言動の傾向を学びます。子どもや自分の言動が「なぜ、そうなるのか」が分かるようになるので、自分のことも、子どもや家族、その他の人のことも受け入れやすくなります。

「エニアグラム2」は、9つのタイプの気質の特徴を学べる「エニアグラム1」の受講者を対象としていますので、当日、会場では、開始前からすでにエニアグラムのタイプ談議の花が咲いていました。
「エニアグラム2」では、それぞれの気質を特徴付ける本質は何かを学びます。そしてさらに、その本質とその人の健全度との関係をひもときます。ストレスを抱えているときとそうでないときとでは、その人の言動や考え方への気質の現れ方が大きく異なるからです。
健全度のレベルがどのような言動に現れるかを学び、自分らしく成長していく方法を見つけていきます。

講座のはじめに、講師の菅原裕子から「あなたがここへ来た目的は何ですか?」という質問が投げかけられました。
私は「夫とのコミュニケーションを良くしたい」と答えました。
というのも、私には、夫から何かを指摘されるとついついやってしまう反応があり、それがいつも夫の怒りを招くことに気づいていながら、なかなか改善できずにいたからです。
2018年03月16日(金) No.156 (エニアグラム::エニアグラム2)

倉敷市・PTA連合東ブロック母親委員会でのワークショップ


1月30日(火)岡山県倉敷市にて、倉敷市PTA連合東ブロック母親委員会第5回研修会として、「子どもの心のコーチング ワークショップ」を実施しました。

母親委員会は、幼稚園、小学校、中学校の各校の代表者で構成されており、母親委員同士の交流を深めながら、様々な研修活動を行っています。
今回が今年度最後の研修会、子育てについて学べるプログラムということで、ハートフルコミュニケーションにご依頼いただきました。実は、今回のワークショップ実施は、地元倉敷で月に一回開催している、子育てについて話す場「ハートフルセッション」にご参加くださっている方から、「ハートフルセッションのように、子育てについて母親同士で話しながら楽しく学べる研修をしたい」と声をかけていただいたことがきっかけで実現しました。
2018年02月20日(火) No.155 (ワークショップ)

ハートフルコーチ養成講座初級/大阪(6)


大阪にて7月に開講したハートフルコーチ養成講座初級が、12月3日に最終回(全6回)を迎えました。
この5か月間、月に一度会場に集い、一緒に学び合った仲間との最後の講座となりました。受講生のみなさんも「今日が最後」という思いがあるのでしょうか、いつもよりも少し緊張した面持ちで、会場へと入ってこられました。

いつものように講座スタートはチェックイン、各自が日常生活で気づいたこと、学んだことを話します。今回は最後のチェックインということで、自分の言葉をかみしめながら、今の自分の気持ちを伝えてくれました。
前回の学びを取り入れて実行した人、最後だからと焦ってしまった人、毎回劇的な変化を体感しながら、新しい課題にチャレンジした人。その歩みも、変化のスピードもさまざまです。しかし、それぞれのチェックインを自分のことのように喜んだり、泣いたり、考えたりしながら、会場が一体となっていました。

最終回は、今までの学びを振り返りながら、成長した自分と向き合う時間。それぞれに自分がここに参加した目的を思い起こし、受講生同士で話しながら、確かめます。
「みなさん、初級講座は今日で終了です。これからは、みなさんがここで気づいたことを日常生活で実践し、変化を起こし、成長し、学び続けていくことになります」
講師の菅原が受講生のみなさんに話しかけます。

第35回ハートフルクラブ


「伊勢原市子育て応援フェスタ」のご報告


チーム湘南は10月22日(日)に「伊勢原市子育て応援フェスタ2017」に参加しました。
当日は台風が接近中で開催も危ぶまれる天候のなかでしたが、開始時間前から次々に家族連れが来場され、450名もの参加者で盛り上がったイベントとなりました。

私たちチーム湘南は「子育てを頑張っているお母さんに勇気を与えられるようなブースに!」を目指して、体験コーチングコーナーと、元気が出るメッセージをプレゼントするコーナーを用意しました。
2017年11月30日(木) No.159 (会員チーム活動::チーム湘南)

エニアグラム2


ハートフルコーチ養成講座初級/大阪(5)


ハートフルコーチ養成講座初級/大阪(4)


10月15日大阪にて、ハートフルコーチ養成講座第4回目が開催されました。
初級講座も後半に入り、受講生のみなさんもすっかり打ち解けて、顔を合わせると、それぞれに近況報告などをして、会場は和気あいあいとしたムードです。

今回は、「人の役に立つ喜び」をテーマに、レクチャーやワーク、コーチング練習を行いました。
毎回、受講生のみなさんにお会いするたびに、ご自身が学んで得たことを実践することで悩みが解決の方向へと向かい、それにより心が穏やかになった様子が感じられます。また、互いの報告に良い刺激を受け、仲間の話を聴くことで、自分では思いつかないような考えや視点に気づくことができるのは、一人ではなく、共に学び合うからこそ得られるものです。

受講生のみなさんは、講座の一回目からそれぞれに課題を決めて、日常生活に取り組んでおられます。その課題に、多くの方が「傾聴」を挙げています。
私自身も黙って、相手の話を聴く「傾聴」は、日ごろから難しいことだと感じています。今回も受講生のみなさんの課題の話から「傾聴すること」の大切を改めて考えることができました。