活動記録

プログラム当日の様子や概要などをハートフルコーチがお伝えします

第38回 ハートフルクラブ


『我が子が隣りの子だったら・・・』
 〜秦 万里子さん子育て講演会&ピアノライブを終えて〜

秦 万里子さんの講演会&ピアノライブは楽しかった。笑った。涙が出た。そして感動した。
でも、そんな簡単な言葉では表現できない感情が私の心の奥に残っている。

秦さんはアスペルガー症候群であるお子さんの育児体験とご自分のメッセージをトークとピアノの弾き語りで私達に伝えてくれました。
2018年12月01日(土) No.235 (ハートフルクラブ)

大田区家庭教育学習会 〜入学サポートプログラム〜


大田区の教育委員会では、来年度入学する親子を対象に「学校デビュー応援プログラム」を6年前から実施しています。この取り組みは、入学に向けての不安を解消し、心の準備を進めるためのもので、親と子それぞれ分かれてのプログラムが用意されています。
実施当初から、私たちも保護者向けの学習会を担当させていただいています。今年は夏休みに5カ所の学校にて開催されました。 

また、昨年度からは、「入学前のサポートプログラム」に加え、1年生の保護者を対象とした入学後のプログラムも実施されています。今年は、6/30(土)・7/13(金)、平成30年度家庭教育学習会「初めての夏休みを迎えるまえに 子どもの力を伸ばすヒントを見つけよう!」が開催されました。

入学前、入学後ともに、参加者は小学校入学が初めてという親御さんがほとんど。それぞれに他の人はどうしているのかな?という思いで参加された方が多かったようで、最初のグループワークからお互いの話を熱心に聞き合う姿が見られました。
また、親子の会話のペアワークでは、子どもとしてどう感じるか?を体験することで、日頃何気なくかけている自分の言葉が、子どもにどういう影響をあたえているのか?ワークを通して様々な気づきや声掛けのヒントを見つけていただけたようです。

参加者アンケートにも、「同じ年齢の子を持つ親と話せて楽しかった」「悩んでいるのが自分だけでないことが分かってホッとした」「今までとは違うやり方を実践していきたい」といった声が寄せられました。
参加者同士で話をする中でたくさんの気付きがあったり、体験を通して「やってみよう!」と思えるヒントを見つけてくださったのがとても嬉しいです。
今年の入学後のプログラムには、昨年入学前プログラムに参加していただいた方もいらっしゃってくださり、
また学びに行きたいと思って足を運んでくださる方がいらっしゃるのは嬉しいことです。

このような形で、これからも「入学」という自立の第一歩の時期に合わせて、子どもとの関わり方を親同士で考えていく場を、教育にかかわる方々とともに作っていきたいと思います。

なお、この取り組みは大田区教育委員会のホームページでも紹介されています。
 http://www.city.ota.tokyo.jp/kyouiku/shakyou/katei_kyouiku/kateikyouiku/index.html
また、同委員会発行の「家庭教育コラム」では、当法人代表理事菅原裕子による、家庭でこどもに向き合うヒントを掲載しています。下記ページでもご覧いただけます。
 http://www.city.ota.tokyo.jp/kyouiku/shakyou/katei_kyouiku/kateikyouikucolumn.html

担当:福田潔子 



2018年11月13日(火) No.234 (ワークショップ)

エニアグラム1(関西)


ハートフルコーチ養成講座を受けている時、「気質」という言葉を何度も耳にしました。そしてその「気質」は生まれ持ったものでかえることができない・・・ということを知りました。それならばその「気質」は一体何なのかを知ろうと思い、エニアグラムの講習を受けることにしました。
2018年09月28日(金) No.233 (ハートフルコーチ養成講座)

第37回 ハートフルクラブ


7月7日のハートフルクラブは、子どもの発達を研究されている中野由美子先生をお招きして開催されました。

私は中1の男の子の母です。中野先生は親子同時教室に関わり、幼児期・思春期・プレ成人期にわたる30年間の縦断調査を行っていらしたとのことでした。子育てにかかる縦断調査は日本では珍しいのではないかと思い、ぜひお話をお伺いしたいと思って参加しました。
2018年07月31日(火) No.232 (ハートフルクラブ)

実践教室「子どものしつけのコーチング」第3回(神戸)


7月16日に、神戸で開催された実践教室「子どものしつけのコーチング 思春期」に参加しました。
参加者は親(小さな子から成人した子がいらっしゃる方まで子どもの年齢も幅広く)、あるいは子どもに携わる仕事の方、親のサポートをする方など、様々。
だからこそ、セミナーの中で参加者同士が話し合うワークは、色んな視点からの考え方が聞けて、とても楽しく、興味深いものでした。
2018年07月23日(月) No.231 (セミナー::in 関西)

ハートフルコーチ養成講座上級/大阪(5)


ハートフルキャラバン in 東京中野のご報告


実践教室「子どものしつけのコーチング」第2回(神戸)


6月16日に神戸で行われた実践教室「子どものしつけのコーチング」の第2回目に参加してきました。
今回のテーマは「児童期」。子どもたちが創造的に考える習慣とコミュニケーション力を育てる児童期。
この時期に親として心がけたいこと、子どもを伸ばす接し方とコーチングの基礎を学ぶ講座でした。

まさにこの児童期の子どもを持つお母さん、仕事でこの時期の子どもたちにかかわっておられる方、
まだ子どもは小さいけれどハートフルコミュニケーションに興味をもってこられた方などなど、
参加されている方々もいつもながら多彩でした。

今回の講座を受けて実行してみたいと思ったことは、子どもに「快」を与えるということ。
2018年07月04日(水) No.228 (セミナー::in 関西)

実践教室「子どものしつけのコーチング」第1回(神戸)


第36回 ハートフルクラブ


3月4日のハートフルクラブは、以前、ご登壇いただいた際に好評で、「もっとお話を伺いたい」というリクエストをいただいた慶応義塾大学の花田光世先生の第2弾でした。
テーマは、「あなたのお子さんが生き抜く社会と自分の成長に本気になる教育とは」です。
2018年03月31日(土) No.158 (ハートフルクラブ)