活動記録

プログラム当日の様子や概要などをハートフルコーチがお伝えします

エニアグラム1(関西)


ハートフルコーチ養成講座を受けている時、「気質」という言葉を何度も耳にしました。そしてその「気質」は生まれ持ったものでかえることができない・・・ということを知りました。それならばその「気質」は一体何なのかを知ろうと思い、エニアグラムの講習を受けることにしました。
2018年09月28日(金) No.233 (ハートフルコーチ養成講座)

第37回 ハートフルクラブ


7月7日のハートフルクラブは、子どもの発達を研究されている中野由美子先生をお招きして開催されました。

私は中1の男の子の母です。中野先生は親子同時教室に関わり、幼児期・思春期・プレ成人期にわたる30年間の縦断調査を行っていらしたとのことでした。子育てにかかる縦断調査は日本では珍しいのではないかと思い、ぜひお話をお伺いしたいと思って参加しました。
2018年07月31日(火) No.232 (ハートフルクラブ)

実践教室「子どものしつけのコーチング」第3回(神戸)


7月16日に、神戸で開催された実践教室「子どものしつけのコーチング 思春期」に参加しました。
参加者は親(小さな子から成人した子がいらっしゃる方まで子どもの年齢も幅広く)、あるいは子どもに携わる仕事の方、親のサポートをする方など、様々。
だからこそ、セミナーの中で参加者同士が話し合うワークは、色んな視点からの考え方が聞けて、とても楽しく、興味深いものでした。
2018年07月23日(月) No.231 (セミナー::in 関西)

ハートフルコーチ養成講座上級/大阪(5)


ハートフルキャラバン in 東京中野のご報告


実践教室「子どものしつけのコーチング」第2回(神戸)


6月16日に神戸で行われた実践教室「子どものしつけのコーチング」の第2回目に参加してきました。
今回のテーマは「児童期」。子どもたちが創造的に考える習慣とコミュニケーション力を育てる児童期。
この時期に親として心がけたいこと、子どもを伸ばす接し方とコーチングの基礎を学ぶ講座でした。

まさにこの児童期の子どもを持つお母さん、仕事でこの時期の子どもたちにかかわっておられる方、
まだ子どもは小さいけれどハートフルコミュニケーションに興味をもってこられた方などなど、
参加されている方々もいつもながら多彩でした。

今回の講座を受けて実行してみたいと思ったことは、子どもに「快」を与えるということ。
2018年07月04日(水) No.228 (セミナー::in 関西)

実践教室「子どものしつけのコーチング」第1回(神戸)


第36回 ハートフルクラブ


3月4日のハートフルクラブは、以前、ご登壇いただいた際に好評で、「もっとお話を伺いたい」というリクエストをいただいた慶応義塾大学の花田光世先生の第2弾でした。
テーマは、「あなたのお子さんが生き抜く社会と自分の成長に本気になる教育とは」です。
2018年03月31日(土) No.158 (ハートフルクラブ)

実践教室/子どものしつけのコーチング(3) 思春期


エニアグラム2(関西)


1月20日(土)、21日(日)の二日間にわたって、関西初の「エニアグラム2」が開催されました。

エニアグラムは自分や他者をより深く理解するための学問のひとつです。人の生まれ持った気質を9つのタイプに分け、それぞれのタイプの言動の傾向を学びます。子どもや自分の言動が「なぜ、そうなるのか」が分かるようになるので、自分のことも、子どもや家族、その他の人のことも受け入れやすくなります。

「エニアグラム2」は、9つのタイプの気質の特徴を学べる「エニアグラム1」の受講者を対象としていますので、当日、会場では、開始前からすでにエニアグラムのタイプ談議の花が咲いていました。
「エニアグラム2」では、それぞれの気質を特徴付ける本質は何かを学びます。そしてさらに、その本質とその人の健全度との関係をひもときます。ストレスを抱えているときとそうでないときとでは、その人の言動や考え方への気質の現れ方が大きく異なるからです。
健全度のレベルがどのような言動に現れるかを学び、自分らしく成長していく方法を見つけていきます。

講座のはじめに、講師の菅原裕子から「あなたがここへ来た目的は何ですか?」という質問が投げかけられました。
私は「夫とのコミュニケーションを良くしたい」と答えました。
というのも、私には、夫から何かを指摘されるとついついやってしまう反応があり、それがいつも夫の怒りを招くことに気づいていながら、なかなか改善できずにいたからです。
2018年03月16日(金) No.156 (エニアグラム::エニアグラム2)